中国 中国アプリ

WeChatクレジットカード 返済額が5000元を超えると手数料を徴収

返済はお早めに

WeChat クレジットカードの返済手数料の新規定の概要

今では、WeChatはお金を引き出すときだけでなく、クレジットカード返済にも手数料をとるようになりました。先日、WeChatはクレジットカードの返済時の手数料についての新しい規定を発表しました。その規定とは、WeChatがユーザーに対し、毎月の返済額の合計が5000元を超える場合、0.1%の手数料がかかる(最低0.1元)ことを指していて、5000元を超えない場合は、手数料はかかりません。同一人物が複数のアカウントを所持することにも対応して、あわせて毎月5000元までを上限に無料としています。返済時の手数料は12月1日から実施されますが、最初の1ヶ月間は、割引キャンペーンを行う予定で、毎月の返済額が2万元以下については、手数料を無料としています。将来的に、不定期的にこのようなキャンペーンを実施するとしています。

WeChat クレジットカードの返済手数料の新規定の説明

• 一人につき毎月の返済額が5000元未満の場合、いかなる手数料も発生しません。
• 同一人物が複数アカウントを所有している場合、複数のアカウントの合計5000元を上限に無料とします。
• 手数料の金額は小数点第2位まで計算するものとし、最低0.1元です。
• ユーザーは返済時に、返済額とあわせて手数料を支払うこととします。
• 第3者返済をする場合、支払側の返済手数料の無料の限度額を充て、被返済側の無料限度額を充てることはしません。
• 2017年12月1日から2017年12月31日までの手数料の割引キャンペーン: 一人あたりの毎月の返済額が2万元未満の場合、手数料は全額無料になります。
• 不定期の手数料割引キャンペーン;理財の返済予約、或いはWeChatクレジットカードの返済機能を使用して、返済が連続して3ヶ月以上の場合、不定期で手数料の割引が受けられます。

WeChatクレジットカード返済が便利

WeChatクレジットカード返済はWeChatが提供する代表的なサービスのひとつです。テンセント財付通と各クレジットカード会社が共同で推進する第三者返済プラットフォームです。ユーザーはWeChatが提供するサービスを通して、ワンストップで複数のクレジットカードを管理でき、且つ、返済もスピーディに行うことができます。現在のところ、52の金融機関のクレジットカードが使用できます。

クレジットカード返済機能の現状

クレジットカード返済で手数料徴収をはじめる前、WeChatが2015年にローンチした振込の手数料機能について物議を呼びました。2015年10月、WeChatは振込にかかる手数料について発表しました。一人毎月2万元までを無料とし、超えた分は0.1%の手数料を徴収するというものでしたが、銀行へ手数料の支払が発生することが個人から徴収を始めた理由でした。それから1年も経たないうちに、WeChatはこれを廃止し、キャッシングに対し手数料を取るように方針転換を図ったのです。一人につき毎回1000元のキャッシングまでの手数料を無料とし、1000元を超えた場合、キャッシングの額の0.1%の手数料がかかるというものです。
同一人物の複数のアカウントはあわせて2万元を上限に無料としましたが、これには銀行カードへの振込や口座残高範囲でのキャッシングが含まれます。
今のところ、アリペイのクレジットカードは手数料の徴収を行っていません。
返済は早めにすること、そうしなければ、結構なお金が銀行に持っていかれてしまうことになりかねません。
[原文]

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。