中国 中国アプリ

WeChatからアプリまで、ミドルクラスの消費の中心的存在に

消費の上昇志向が中国都市部での主要トレンドに

中国のティア1、ティア2の都市において、消費の上昇志向は主要なトレンドになりつつあります。「Fresh」、「良倉」、「礼物説」、「半糖」などのプラットフォームでは、ライフスタイルに密接に関わる高品質の商品をコンテンツによって発信しています。また、微信(WeChat)の「購読アカウント」を利用し、参入した清単(Eqingdan)も最近アプリをリリースしました。清単の立ち位置は明確で、CEO(最高経営責任者)の許可氏曰く、「ミドルクラスの消費の意思決定の中心的役割を担いたい」ということです。

ライフスタイルを切り口にしたコンテンツが容易に購買に繋がるということは、広く知られています。これがすなわち、「コンテンツ+Eコマース」です。従来のEコマースは、垂直型の階層化したマーケットを網羅することは困難であり、このことがまた起業のチャンスにつながったのです。

清単は消費者のニーズを「発見」と「選択」だと定義

前者の発見という行動は、上質なライフスタイルへ向かっていることを表しています。人々の多くは、何かを発見することが好きで、また得意とします。清単はキャッチコピーによって、消費者の「発見」をより具体化させます。例えば、「夏が来た、モヒートを用意して待っています」というキャッチコピーでは、読者がより実感を覚え、感性に響くのです。

多くの人が「選択」を難しいと感じています、清単はコンテンツ内の商品をカテゴライズするのに、知識を関連付けたりして消費者の「選択」をサポートします。
清単の微信の購読アカウントは、運営が始まって8カ月で、フォロワー数が15万人に上りました。その7割が女性で、年齢層は25から35歳で、平均年収は10万元以上だといわれています。

清単の提案するコンテンツは主に、キッチン用品、リビング用品、セルフケア用品などです。また、スポーツ、アウトドア、オフィス、レジャー、デジタル、ペットといったカテゴリーもカバーしています。

他の同様のプラットフォームと比較して、清単の「発見」はよりフォーカスされています。「どうすれば柔軟なタオルを選べるのか?」「使いやすい爪切りにはどんな判断基準があるのか?」このような構造化されたコンテンツによって購買へと導くのが、清単が持つユニークな特徴です。

コンテンツがある程度浸透すると、清単は微信に参入しました。今年はじめに美顔器の期間限定販売を行ったところ、微信のフォロワーが3000人、単価が990元、販売日数は2日間という前提で、2日間で30台売れました。

スマホアプリをローンチしてから、清単は優れたコンテンツとコミュニティーと購買とを結びつけることで、優良な購買体験を顧客にもたらしました。さらに、清単は、「コンテンツ」、「決定」、「購買」からなるクローズドループを構築しようとしています。

清単は今年に入り、経緯中国(MatrixPartners China)から数百万元のエンジェル投資を得て、目下、シリーズAの融資を受けようと動いているところです。

清単のコンテンツの制作は、「編集+ライター」というモデルから成ります。専任の編集者がそれぞれの専門を持ったライターに、執筆の依頼をし、コンテンツを完成させます。ライターは平均1週間に1回のペースで出稿しています。例えば、「自ら共感できる香水を選ぶ」という文章を執筆するのは、代々調香を続けてきた家系の人で、ここからその高い専門性が見て取れるといえるでしょう。

[原文]

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。