中国Web

中国のブラウザシェア推移まとめ

中国のブラウザシェア推移まとめです。

Baidu統計により、近年の中国のブラウザシェアの推移をご紹介いたします。

 

まず、2014年のブラウザ市場のシェアを見てみましょう。

screenshot-3

順番 ブラウザ シェア
1 IE 8.0 31.82%
2 Chrome 27.87%
3 IE 6.0 7.38%
4 IE 9.0 7.10%
5 搜狗高速 4.79%
6 IE 7.0 3.45%
7 猎豹 2.45%
8 QQ 2.18%
9 2345 1.67%
10 その他 11.29%

2014年の統計では、ie8.0が31.82%の数字で国内トップシェアを誇ります。

続いてはchromeが27.87%、ie6.0が7.38%、ie9.0が7.10%、入力ソフトで有名な捜狗(ソーゴー)快速が4.79%、ie7.0が3.45%、猎豹が2.45%、qqが2.18%、2345が1.67%でその他が11.29%です。

2014年の中国のインターネット上では色々なブラウザが出回っていますが、ご覧の通り、本家マイクロソフトのieシリーズとグーグル社のchromeの二強だけの戦争と言っても過言ではございません。ウェブブラウザでおなじみのfirefoxはこのグラフでは見当たらないですが、おそらくその他の11.29%に入ってるでしょう。

 

続いては2015年のグラフです。

screenshot-4             

順番 ブラウザ 市場シェア
1 Chrome 34.92%
2 IE 8.0 23.50%
3 IE 9.0 6.61%
4 搜狗高速 4.66%
5 IE 7.0 4.58%
6 IE 6.0 4.44%
7 QQ 2.94%
8 猎豹 2.59%
9 2345 2.54%
10 その他 13.23%

 

2015年のトップシェアはグーグル社のブラウザChromeの34.92%です。実は去年の十月の時点でie8.0はもうchromeに追い越されました。ユーザー流出する一方のie8.0は去年と比べて8.32%のシェアも失い、23.50で二位に落とされました。ieシリーズがダウンしていく中、その他のブラウザは上昇する勢いを見せます。

 

続いては2016年のグラフです。

 

順番 ブラウザ シェア
0 Chrome 39.24%
1 IE 8.0 17.27%
2 IE 9.0 5.73%
3 QQ 4.71%
4 IE 7.0 4.43%
5 搜狗高速 4.18%
5 2345 4.18%
7 IE 6.0 2.26%
7 猎豹 2.26%
9 その他 15.73%

2016年、chromeは去年から引き続き、安定の39.24%です。IE8.0はまだ17.27%二位で頑張っているが、去年と比べて衰退する一方です。qqは今年ie9.0を出し抜くことができて、三位になりました。2016年のグラフのもう一つの面白い所は、firefoxがやっとランクインしました。

表によると、今年はchromeの大勝利で、他の市場シェアが低かったブラウザも増加増えるなか、ieシリーズの下降は深刻であります。対策としてedgeという新しいブラウザを半強制的に普及しましたが、windows7 xpが主流の中国では焼け石に水でしょう。

 

総じて言いますと、現時点の中国市場ではchromeが絶対王者に位置するに見えますが、実はこのランクに乗っていないもう一つの大物、360ブラウザというのがあります。Baidu統計の註釈にも書いてあります通り、360ブラウザはchromeの内核を使い、ブラウザ本来の特徴(user-agent)を除いたため、baidu統計での識別が難しく、おそらく360ブラウザをchromeブラウザとして計算しています。39.24%のシェアの中、360ブラウザがどれくらい占めているのか、まだ未知数です。

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
China market for everyone!

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサーです。