中国Webニュース

北京利為匯、巨額の横領被害の疑い

@劉韌が微博でニュースをシェア:北京利為匯国際教育有限公司が本日発表した外部への声明によると、内部および外部の監査で、法定代表人である陳輝民による莫大な金額の業務上横領が発覚しました。現在、北京利為匯公司は既に北京市公安局大興分局へ通報し、公安経偵部は既にこれを受理して関係調査を開始しています。

会社の当該声明のによると、最近になって陳輝民はSNSで様々なデマを撒き散らし、利為匯社の名誉とパブリックイメージに深刻な影響を与えているとしています。そこで、利為匯社は投資家とビジネスパートナーへ、公安機関が調査結果を公表する前に、陳輝民が撒き散らす根拠のない言動に対して、デマを広めない、デマを信じないことを広く呼びかけ、同時に経済損失の拡大を阻止すべく警備を強化しました。

更に詳しく: 利為匯はベンチャー経営者の蔣暉とかつて中国の有名なコミュニケーションプラットフォーム「西伺胡同」を立ち上げた陳輝民が共同で創立した研修施設です。 北京利為匯国際教育科技有限公司は2014年3月26日、大興分局によって登記成立。法定代表人は陳輝民で、会社の事業範囲には技術開発、テクニカルサービス、応用ソフトウェアの提供が含まれます。

[原文]

「いいね!」して
最新情報をチェック

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサーは中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。