中国 中国アプリ

Baidu MAP VS Google MAP 日本人が中国で使える地図を検証してみる

globe-2371898_1280

スマホアプリでもお馴染みで重宝している「Google MAP」ですが中国ではGoogleドメインが規制されています、そこで中国で使われているのが中国のインターネット検索最大手“百度(バイドゥ)”の「百度地図」またの名が「Baidu MAP」です、このBaidu MAPがGoogle MAPに匹敵するのは間違いなさそうですが、はたして「勝るとも劣らぬ」と言うべきか「負けずとも劣らない」と言うべきなのかその辺を探ってみました。

Google MAPの中国版は存続している

中国ではGoogleドメインの規制でGoogle MAPは使えないと言うことなので中国版はもう無くなってしまったのかと思いましたが今も存在しており利用することができるのです、中国国内では使えなくとも外国に滞在している中国の人が利用できるようにサービスが続けられているのでしょうか、そこで仕組みを調べてみると考えが浅はかであったことに赤面、Google MAPでは国のドメインが自動的に選択されてその国の現地語で場所の名前が表示されます、そして表示する言語を変えるには左上のメニュー(三本線)から夫々の国の言語を選択すれば良いわけで、すなわち母体は一つで各国版が個別に有るわけではなかったのです、使用するドメインの変更も出来ますがこれはパソコン版のみの機能でした。

Google MAPは中国で使えるか?

地図アプリのトップシェアはGoogle MAPで世界の約50%と言われています、世界中で的確な情報を提供してくれるGoogle MAPですがこれを今の中国で使ってみたらどうなるのでしょう、地図アプリに求められるのが情報と正確さですが先ず問題なのが中国ではGoogleドメインが規制されていることです、これをかいくぐるにはVPNサービスを利用する手があります、VPNを経由してGoogle MAPを使えばよいのですが表示された結果を見ると位置が少しずれているとかザックリすぎて分からないと言う声もあります、これは中国政府が提供する位置データには意図的に不正確なものが含まれている“らしい”という話も聞くのですが、はたしてそのためにずれているのか否かは定かでありません。結論は全く使えないわけではないということです。

Baidu MAPのインストールと問題点

日本人が中国を訪問した際には規制のためにGoogle系アプリは当てに出来ません、「郷に入れば郷に従え」でモバイル地図アプリはBaidu MAPを利用することになります、Baidu MAPをインストールするにはiphoneであればApp Storeから入手できますが、Android版は以前Google Playから入手できたのが規制により公開を止めました、しかしその後2016年8月頃にまた公開されたようです。“百度”の公式サイトからもダウンロードできるのですがリスクが高いと言われています、それは野良APK(非公式なインストーラ)が直接ダウンロードされるので非公式ゆえのリスクがあると言うのです。そして問題は、Baidu MAPのアプリを入れると電池の減りが異常に早くなるそうです、電池の利用状況で確認してみるとバックグラウンドで色々と通信しているらしくその点が不明瞭で不気味だとも言われます。いずれにしても安全性を考えるならば公式サイト自体がモバイル向けに最適化されているのでブラウザから使うのが最も安全な方法ではないでしょうか、お気に入りに入れておくのがお勧めです、ただし「中国語が分かれば」との注文が付くのですが。

“Baidu MAP”の使い勝手は如何?

Baidu MAPの使い勝手はどうでしょう、ルート検索を試した結果は合格です、繰り返しになるが「中国語が分かれば」の条件付き。ダイレクト検索と周辺検索があり、場所が分かっていればダイレクト検索でよい、入力項目は幅広くて住所はもちろん店舗名とかビル名でもかまいません。ダイレクト検索すると住所と距離が出てきます、そして「到这去(ここへ行く)」をタッチするとルート検索を表示してくれます、移動手段は車・公共交通機関・歩く・自転車から選べます、公共交通機関ではGoogle MAP同様にダイヤに合わせた検索をしてくれるので、ほぼその通りに目的地へ到着できるので問題はなさそうです。そして“百度”の日本法人がBaidu MAP上に店舗情報を登録して訪日中国人観光客の集客を支援するサービスをしています、中国語で店名を表示して予約やクーポンの受信ができるようにもするなど、増え続ける中国人客の取り込みを目指す日本の小売店や飲食店などにこのサービスを提供しているのです、今後は益々良いものになっていくことでしょう。

Baidu MAPとGoogle MAPの機能比較

“Baidu MAP”のGoogle MAPや日本の地図アプリとの大きな違いは、地図自体がエリアごとにダウンロードしていく「ダウンロード制」であることでそれ以外はあまり違い無さそうです。Baidu MAPが備えている機能を見てみると、ルート検索のほかコンパスモード(進行方向に合わせて地図が回転)、道路状況表示、衛星写真、3D表示、ストリートビュー、オフライン地図などGoogle MAPとほぼ変わりません、強いてあげるならば地図の絵がちょっと寂しい気もするが機能的には問題なし、Googleにはインドアマップ(屋内構造図)がありますがBaiduもIndoorAtlasを使って屋内マップを実現しています。

と言うことでBaidu MAPはGoogle MAPと比較して機能・使い勝手の面で遜色は無いようです。残念ながらBaidu MAPは中国語専用なので総合的には日本人目線でみると「負けずとも劣らない」と言う評価になりそうです、しかし中国人にとっては「勝るとも劣らぬ」アプリでしょう。

NewsPicks_button_01

役にたったら
いいね!して下さい

中国Webマーケティングラボを
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサー(LXR Inc.)は中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。

中国語でのホームページ制作はもちろん多言語ホームページや越境ECサイト作成。中国現地のWebマーケティングやSNSマーケティングから中国観光客に対するインバウンドマーケティングまで中国のWebビジネスをワンストップで提供できます!