網信は鳳凰に対しは、サイト経営禁止と期限内に改正する要求を告げる

鳳凰は最近、いくつかの偽のニュースで取り上げられました。。今度の件は最初に取りだたされた問題ではなく、もっと深刻な状況を映し出しています。:昨日の午後、北京の網信は鳳凰に対しは、サイト経営禁止と期限内に改正するいくつかの要求を告げました。この掲載の前に、鳳凰はすでに「今日の一番大きな声」、「速達ランナー」「新しい太平」などの大量の新聞記事のインターネット掲載を閉鎖していました。同時にこれは「インターネットライブビデオサービスの規定」により、いわゆる「鳳凰ライブビデオ」の全面的な改革を迫られたのです。

TGの規定にはインターネットメディアは自己で取材した新聞を掲載することはできず、正規の新聞の転出のみ可能であるとした。鳳凰は早期に載せた新聞はすべて自己掲載であるとし、さらにインターネット転出を扇動し、「インターネットの仲間に情報を売りまくる」事態を引き起こしました。QQ放送や南方衛星テレビはただ黙視していました。しかし、金融メディアが広告会社と一緒に、毎日のように「信じて上がるのを待つ」、「3度も下がってもう誰もいない」など画策します、、

昨日の午後、北京の網信は法制基づき鳳凰の総監督と会い、一つの企業を殺して見せしめにし、警告を発信する事態となったのです。あなたはどう思いますか?

役にたったら
いいね!して下さい

中国Webマーケティングラボを

中国Webマーケティングラボの更新通知を受取る

更新情報や新着記事を1週間に1通お届けします。
下記のフォームに入力してください。
中国向けホームページの制作は中国Web専門会社にお任せください

株式会社レクサー(LXR Inc.)は中国を専門とするホームページ作成・広告マーケティング会社です。

中国語でのホームページ制作はもちろん多言語ホームページや越境ECサイト作成。中国現地のWebマーケティングやSNSマーケティングから中国観光客に対するインバウンドマーケティングまで中国のWebビジネスをワンストップで提供できます!