レクサー × Baidu Japan中国向けサイト診断レポートサービスを提供開始 | 中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社-株式会社レクサー【LXR Inc.】
お問い合わせ

お電話での相談・お問い合わせ

03-4405-4545

ご相談・お問い合わせフォーム

中国向けウェブ・テクノロジーで世界を変える会社 - 株式会社レクサー

レクサー × Baidu Japan中国向けサイト診断レポートサービスを提供開始

Home > プレスリリース  > レクサー × Baidu Japan中国向けサイト診断レポートサービスを提供開始

レクサー × Baidu Japan中国向けサイト診断レポートサービスを提供開始

株式会社レクサー
バイドゥ株式会社

 

レクサー × Baidu Japan中国向けサイト診断レポートサービスを提供開始

 

~貴社のサイトは、中国からアクセスできますか?表示に90秒かかっていませんか? レポートと共に改善ポイントをご提案~

 

株式会社レクサー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 中島嘉一、以下レクサー)は、バイドゥ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 Charles Zhang、以下バイドゥ)と共同で、中国向けサイトの診断レポートサービスを提供開始します。
レクサーは、10年以上の中国語サイト制作・運用から得た知見をもとに、診断対象サイトの課題を抽出して改善ポイントを提案、バイドゥは、独自のサイト診断ツールによる診断結果と、ページ制作の参考となる検索データを提供します。

 

<背景>

貴社の中国語サイトを中国からアクセスした時に5秒以内に開いているか確認したことはありますか?

 

―――日本からは何ら問題なく閲覧できるため、事象の発見が遅れてしまったり、事象が発生していることに気がつかないことがよく見受けられます。多くの企業さまの中国語サイトで発生している事象であり、サイトスピードは、ユーザー体験に影響するため、離脱率が高くなってしまうという影響があります。

 

近年、「インバウンド」「越境EC」といった、海外消費者を対象にしたマーケティング需要が高まるなか、特に消費意欲の高い中国人消費者へのアプローチに取り組む企業が増えています。

インバウンドでは、2016年の訪日外国人客数は前年比21.8%増の2403.9万人、うち中国本土からの旅行客が最も多く637.3万人で全体の26.5%を占めています。

台湾、香港を含めた中国語圏の旅行客は全体の51.5%を占めます。(JNTO,2017年1月 )

越境ECでは、2016年の日米中間における越境ECの市場規模は前年比24.9%増の3兆4549億円です。

うち、中国からの購入が前年比32.6%増の2兆1,737億円で取引全体の62.9%を占めています。(METI,2017年4月)

 

日本から中国人消費者へのアプローチするためには、中国語サイトの制作や、中国のウェブサービスの活用が効率的で、多くの企業がすでに取り組まれています。

一方で、中国のインターネット環境は独自の発展を遂げており、日本をはじめとするグローバルで利用できるサービスが中国国内では利用できないということが多くあります。

企業のウェブサイト運用担当者が、日本国内向けのウェブサイトと同じ感覚で制作を進めると、なかなかうまくいきません。

こういった問題を抱えている企業様に向けて。バイドゥとレクサーは、問題点をレポート、さらには中国向けに最適化するための改善点をご提案します。

<レポート規格>

【販売価格】 35万円(税別)/ URL
【レポート項目】

  • 中国アクセス動画
  • 基本情報:Webサイト基本情報、メタ情報、競合サイトのメタ情報
  • 百度検索情報:百度インデックス数、百度信誉、百度検索関連キーワード、検索トレンド、検索エリア、ユーザー属性
  • 中国対応度:チェック項目、改善・検討事項、外観クオリティ向上事項、サイト表示のスピードアップ策
  • 百度サイト診断レポート

【納品データ形式】ZIPファイル(HTML、mp4)
【納期】7営業日

<中国向けサイト無料診断ツール>

China Check FREE  https://lxr.co.jp/sc/ (株式会社レクサー 提供)

<サービスイメージ>

 

サービスイメージ

 

<株式会社レクサーについて>

中国向けに特化したウェブ・テクノロジー会社です。世界中のウェブやアプリで利用できるAPI、SDK等の提供、診断・運用・保守ツール等のウェブアプリケーションの開発をメインに、中国社会の変化に常に対応し、特殊なウェブ環境にある中国向けの技術開発をしています。

役員は全員10年以上の海外滞在経験をもち、中国語も英語も堪能。拠点は日本と上海。

世界中の人が中国を身近に感じられる「China Market for Everyone」を実現すべく、日本発のソリューションで世界に挑戦しています。

<バイドゥ株式会社について>

世界の検索市場において第2位のシェアを有しており、米国NASDAQへ上場しているBaidu, Inc.(百度)(本社:中国北京市、会長兼CEO:Robin Li)の日本法人です。

2006年12月に設立以降、法人企業さまの中国でのマーケティング活動支援、インバウンド、越境EC対策などをサポートすべく、中国語圏向けのリスティング広告、アドネットワーク広告などのインターネット広告商品を提供するほか、累計2900万ダウンロード(2017年10月時点)を誇る日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」(2011年12月よりAndroid版、2014年9月にiOS版を提供)を提供しています。

また、2015年5月より、Webメディア様向けレコメンドエンジンやインターネット広告、スマートフォン広告を提供するpopIn株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:程涛)がグループに加わっています。